引き寄せNLP

マイナスのビリーフを外す

2012/12/24



成果を止めているビリーフを取り除くことで結果を出しやすくなります。


以前に、「あなたの成果を止めているものは何ですか?」という
NLPの質問について、ご紹介したかもしれません。


そして、成果を止めているものは、行動や人間関係、
セルフイメージ、恐れや不安など、いろいろとあげることができます。
その中に、成果を止めているものとして、非常に大きな要素があります。


それが、ビリーフです。
信念や思い込みとも言い変えることができます。
(NLPセミナーでは、ビリーフと呼ばれています)


今回は、ビリーフについてお話をしていきたいと思います。
ですので、冒頭の質問をビリーフに置き換えて使っていきます。


「あなたの成果を止めているビリーフは何ですか?」


この質問により、ビリーフ(信念・思い込み)に目を向けて、
止めているものは何か?と考えることができます。


人により違いますが、

・お金に対するビリーフ
・異性に対するビリーフ
・家族や親に対するビリーフ
・行動やチェレンジに対するビリーフ

など、様々なものがあります。
では、それらのビリーフを変えるにはどうしたらいいかということですが、
NLPセミナーでは、その方法を学びます。


多くの場合は、小さい時の体験や経験が、
今のビリーフを作っています。


ですので、体験や経験を振り返り、
いつ、どのような出来事を通して、何を感じたか?
どう考えたか?ということを振り返ると、
自分のビリーフが見えてきます。


つまり、エピソードを振り返ります。
そして、自分の人生に制限を設けているビリーフを見つけたら、
それを取り除くことで、望んでいる結果を出しやすくなります。


それが、引き寄せ力を高めるということにもなります。


不要なものを手放して、引き寄せ力アップ

2012/10/27



引き寄せ力を高めましょう。


その為に、あなたの引き寄せ力を低下させているものを取り除きましょう。
例えば、どういうものかですが、思考や感情です。


もしも、あなたの思考や感情がマイナスになっているとしたら、
マイナスの方に現実が触れていきます。すると、せっかく、
望んでいる結果を引き寄せる直前だとしても、
無意識位に自ら引き離してしまいます。


では、どうしたら良いのでしょうか?


NLPでは、あなたの思考や感情のバランスを良くするために、
マイナスの思考や感情を手放す方法があります。


具体的な方法の一つとして、


・あなたの現在の思考や感情に気づく

・気づいた思考や感情がもたらしている影響に目をむける
 (結果の検証)

・そのままの思考や感情で行くとどうなるかを想像する
 (NLPのエコロジーチェック)

・あなたの思考や感情を変化させたいかを決める

・現在の思考や感情の存在理由を知る
 (NLPの肯定的意図)

その上で、あなたの肯定的意図を変化させるワークを行ないます。


すると、あなたがマイナスの思考や感情になっている
肯定的意図な理由がわかります。さらに、マイナスに
フォーカスすることが減ってきますので、
望んでいる結果に集中しやすくなります。


このような流れでNLPを使うことで、
あなたの思考や感情を変え、引き寄せ力を高めることができます。


その結果、実現するまでのスピードが早くなった、
達成率が高まっている、人生を信頼できるようになったなど、
様々な変化や成果を得ていくことができます。


あなたの未来を詳細に描く

2012/08/28



あなたの描いている人生に近づいていく


実は、あなたは描いている通りの影響を受けています。
具体的には、何も描かないよりも、描いたほうがそちらの
方向へ物事は進みます。


それが、NLPで学ぶフォーカスだったりします。
フォーカスしているものを引き寄せると言います。

しかし、目標を描いていても、どのような◯◯でありたいのか?
という在り方の問題が影響してきます。

何も描いていないということは、無意識に何かの影響を受けている、
ということになります。それならば、描いた方が、そちらにフォーカス
することができますので、ベストな選択ということになります、


・どんな人間になりたいのか?
・どんな生き方をしたいのか??
・ぢのような環境で過ごしたいのか?


いかがでしょうか?


自分の在り方は、思考や感情・ビリーフに支えられています。
ですから、ここを描いていくことで、行動や結果にも影響が出てきます。


では、どのように描いていけばいいのでしょうか?

それは、一つの方法ですが、NLPのフューチャーペーシングなどで、
未来のあなたのイメージをして、未来のあなたになりきった上で、
今のあなたにメッセージを頂きます。


あるいは、NLPのアズ・イフフレームを使い、未来のあなたになりきって
あなた自身に質問をしていきます。

「未来の自分なら、どういう行動を取るだろうか?」
「未来の自分なら、どんな生き方をしているだろうか?」

など、いろいろな視点から見ていくことで、描きやすくなります。


人の行動を止めているものは何か?

2012/06/22



NLPを学んでいきますと、引き寄せ力を高めるために
どうしたらいいのか?ということも学ぶことができます。


そして、多くの書籍でもNLPでも教わることができるのですが、
望んでいる未来を引き寄せられていない時、そこには理由があります。


その理由はいくつかありますが、
大きくは、2つあります。


1、やり方を知らない

NLPセミナーでは、セルフイメージを教えてくれますが、
次のような言葉も学びます。


「セルフイメージに合ったものが引き寄せられる」


つまり、セルフイメージに合ったものが引き寄せられます。
しかし、あなたの望んでいる願望とセルフイメージの
ギャップを埋めることが大切になります。


言い方を変えますと、望んでいる願望に相応しい
セルフイメージを身につけるということが必要です。


その為には、セルフイメージの高め方、書き換え方などを
学ぶ必要があります。そして、NLPセミナーでは、それを
学ぶことができます。


1、止めているものがある

「あなたの成果を止めて言うものは何ですか?」
「あなたの行動を止めているものは何ですか?」


この2つの質問をじっくりすると分かりますが、あなたの
体験や経験、そしてそれらで出来上がった思い込みやビリーフ、
セルフイメージ、思考や行動の週間感情や感じ方などが、
あなたの成果や行動を邪魔していることが多々あります。


そして、あなたにとってのブレーキや邪魔になっているものが
どいうものかを明確にすることができるのが、先ほどの
NLPセミナーで学べる質問です。


まずは、あなた自身や、大切な人や仲間にしてみて下さい。


「あなたの成果(行動)を止めて言うものは何ですか?」


心の中のブレーキを取り除く

2012/04/27



NLPを学ぶことで、引き寄せ力が高まるのはなぜでしょうか?


実は理由があります。今回は、どうして引き寄せることが出来るのか?
ということを、ある側面からご紹介させて頂きます。


そして、ある側面を理解することは、人生に役立ちます。
とても大切なことです。それは何だと思いますか?


実は、あなたにブレーキをかけているものを取り除くことです。
それだけで人生は、望んでいる方へ進み始めます。


NLPだけでなく、心理学や自己啓発、成功哲学など、
様々な分⇔で共通して言われていることを知ることで、
ブレーキを外すことの効果を受け取りやすくなります。


「人はうまくいくようにできている」
「人は幸せになるようにできている」


信じられますか?


何かといいますと、自然に望んでいる方や、
あなたが幸せになるように、無意識はがんばってくれています。
しかし、ブレーキが邪魔をしています。


そのブレーキとは、NLPの視点で見ると次の5つになります。


・セルフイメージ
・ビリーフ
・能力
・行動
・環境


これらについては、NLPのニューロ・ロジカル・レベルで詳しく学びますが、
これらが、マイナスに作用することで、あなたにブレーキをかけています。


ブレーキのイメージとしては、大きく2つあります。

1、足をひっぱるもの
2、邪魔をしているもの


1番は、車で言うブレーキです。がんばってもブレーキをかけていると進みません。
2番は、お金を稼いでも稼いでも、それ以上に使い続けるようなものです。


お伝えしたいのは、ブレーキやマイナス要素を改善したり、取り除くことで、
人生は、望んでいる方へ引き寄せられていきます。


NLPとは、その為に必要なことを学ぶことができます。
そして、ブレーキやマイナス様子を取り除くことは、あなたの
人生を確実に前へ進めていってくれます。


できるという前提で考えると変わることがある

2012/02/26



久しぶりにNLPのアズ・イフフレームの話させて頂きます。


以前とは別の角度からの話になりますが、NLPのアズ・イフフレームを
使うことで、思い込みを取り除き、別の視点で物事を見ることができます。


では、具体的な話に入ります。
結果を出すために、必要な思考や行動を生み出すための方法です。
次の2つを比べてみて下さい。


・落ち込んでいる時の自分
・うまくいっている時の自分

いかがでしょうか?
思考や気分、行動に変化が現れませんか?


ここが大切なのです。
どんな状態にあるかで思考や行動が変わります。


ですので、メタ言語,NLP何か調子が悪い、うまくいっていない、
落ち込んでいるなどの時に、NLPのアズ・イフフレームを使います。

「もしも、うまくいっている自分ならどうしているだろうか?」


ここが大切なのです。
うまくいっている自分なら、という視点で物事を考えることで、
NLPでいうリフレーミングの効果を得ることもできます。

ただし、先程の例では極端すぎるという方もいらっしゃるかと思います。
では、もうひとつ比較してみましょう。


・いつもの自分
・うまくいっている時の自分

いかがですか?
恐らく変わるはずです。思考も行動も。

NLPのアズ・イフフレームを使うことで、うまくいっている時を前提にして、
物事を思考することができます。ですから、思考や「行動の選択や発想が
かあります。

「もしも、最高に幸せな自分なら、今どういう行動をするだろうか?」
と考えるだけでもスイッチが切り替わることもあるのです。

是非、試してみて下さい。


受け入れることの効果

2011/12/26




NLPプラクティショナーで学ぶことはたくさんあります。


肯定的意図と向きあう時、私たちは痛みを感じるかも知れません。
痛みを感じて、逃げたくなるかもしれません。


それでも、痛みと向きあい、受け入れることで、
前へ進みやすくなります。


それは引き寄せにもつながるのです。


以前にもお話ししましたが、痛みに向きあうことで
得るものが多いのですが、受け入れるということに関しまして、
一つの例をあげさせて下さい。


NLPを名古屋で学んだ女性は、自分の肯定的意図を
受け入れることができませんでした。


なぜならば、それを受け入れることで、
今までの自分や今の自分を否定することになると
思い込んでいたからです。


憎んでいたはずの父親を受け入れることは、
今までの見返してやりたいというモチベーションの源を
否定することになるからです。


しかし、NLPプラクティショナーを学び、
自分のセルフイメージを高めていった時、
受け入れることができるようになりました。


自分次第で、人生を変えられると知ったからです。


何をお伝えしたいのでしょうか?
それは、痛みを受け入れることで、
覚悟を決めることができます。


痛みと向き合う覚悟です。
そして、その痛みこそが人生の課題だったりします。


ですので、痛いことこそ受け入れることで、
新しい自分に変化しやすくなります。


NLPを名古屋で学んだ女性は、
結果的に、憎しみや、見返してやりたいというモチベーションから、
与える、信頼するというモチベーションに変わったそうです。


そして、皆さん自身が自分の人生や自分自身を更に信頼できるようになった時、
引き寄せ力がアップしていくのです。


心の中の葛藤を手放す

2011/11/22




NLPセミナーのプラクティショナーコースで学びますが、
心の中の葛藤を手放すワークがあります。


このワークを行なうことで、
次のような変化が無意識レベルで起きてくるようになります。


・無意識レベルでのフォーカスが変わる
・無意識とのラポールを築くことができるようになる
・自分を今以上に、認めることができるようになる
・自分の歩みや引き寄せを止めている原因を手放すことができる
・願望実現や目標達成能力が高まる


などの変化や向上を手にすることができるようになります。


もちろん、NLPのワークで葛藤を手放したからといって、
一瞬でガラリと変わるかたは少なく、ジワリジワリと
体中に熱が伝わっていくのと同じく、少しづつ変化が
広がっていきます。


では、NLPセミナーのプラクティショナーコースで学ぶ、
葛藤を手放すワークとは何でしょうか?


それは「肯定的意図」のワークです。


NLPの肯定的意図というのは、このようなものです。
私たちにとって、現在は望ましくない行動や思考、感情
などが有りますが、そこにはプラスの意味がある。


そうなんです。
今は、葛藤の原因となっている嫌な部分。
つまり、変えたい行動、思考、感情やそれを生み出している
反応などは、プラスの意味や目的を持っています。


それが一体なにでどのような目的を持っているかを
知ることはとても大切です。


それを知り、実は、私たちの中にあるプラスもマイナスも、
自分の人生にとって、意味の有ることだ。と分かるだけでも、
自分や人生が変わり始めます。


その為に必要な、NLPの肯定的意図の見つけ方については、
次回にお伝えしていきます。


マイナスをゼロに戻す

2011/09/22




自分が本当に欲しい結果を引き寄せたい。


それは誰もが思っていることです。
しかし、その為にいろいろと頑張っていても、
なかなかうまくいかない時がありませんか?


もちろん順調という方も多くいらっしゃるかと思います。


では、頑張るほどに上手く行かないときのショックは
人一倍になるわけですが、どうしたら引き寄せ力を高めて、
欲しい結果を手にいすることができるのでしょうか?


それは、マイナス点の排除です。


例えば、ダムをイメージしてみましょう。
ダムに水を貯めようとしている時に、なかなか水が
たまらなかったとします。


その時に、ダムに穴が開いているとします。


それはたまるわけがありません。
では、どうしたら良いでしょうか?



あいた穴を埋めることですよね。


実は、NLPを学んで行くとこの点についても
段々と理解が深まって行きます。


NLPを学んでいる時にその視点を知り、
実践や経験を積むことで、認識や理解が深まります。


NLPを福岡で学んだ女性がいらっしゃいます。
彼女は、NLPでいうセルフイメージをどれだけ高めようとしても、
どこか自分で自分を否定してしまい、逆に自信を失う傾向がありました。


では、NLPを福岡で学んだ女性は、
この状態をどのように解決したのでしょうか?


まずは、NLPのセルフイメージや自信を邪魔しているものを
一つづつ明確にしました。そして、それを一つづつ排除して行きました、


何を今回はお伝えしたいのでしょうか?
それは、まずはマイナスを取り除くことで、
プラスを貯めていくことが出来るということです。


NLPでも心理学でも、まずはマイナスを普通に戻すところから始めます。


痛みに向きあう

2011/08/22




痛みに向きあうと、次のアクションを見つけやすい


実は、逃げたいことや目を背けていことがありますよね。
しかし、そういうことなどに向きあうほどに、私たちは、
望んでいるゴールを引き寄せやすくなります。


そこについて少し学んでいきましょう。


私たちが感じる痛みや苦しさは、
実は自分の無意識の課題に根ざしていることが多いです。


心の深いところ(NLPや心理学で言う潜在意識)にある
見解決の問題やわだかまりが表面に出ていることがあるからです。


つまり「投影」です。


あるいは、本当に本質的な解決につながることは、
痛みの中になるからです。


ですから、そこも含めて、NLPでいう「知覚は投影」なのです。


では、何が言いたいのか?
NLPを名古屋で学んだ経営者さんがお話したくれました。


自分が、
・目を背けていること
・向き合いたくないこと
・先延ばししていること
・めんどくさいと感じていること
・やりたくないこと(怠惰な意味で)


などの直面するのが嫌なことや億劫なことに対して、
あえて向きあうと、実はそこに新しいアクションが生まれやすいそうです。


NLPを名古屋で学んだ経営者さんは続けます。


そこで出てきた選択肢を徹底的に行動して、
反省しながら、また行動する。


このくり返しが力を生むのだそうです。


この時に、行動しやすいコツは、
NLPの8フレームアウトカムで出てくる
はじめの一歩だそうです。


「今からできるはじめの一歩を設定するとしたら何だろうか?」
是非、NLPをフル活用して、望んでいるゴールや結果を手に入れていきましょう。


Newer Posts »